こんにちは、暖かくなってきましたね。
リファイン草津ポコです。
近所の桜も見頃を迎えています。

春といえば外壁塗装!。
塗装工事をされているお家を通勤途中に良くお見掛けするようになりました。

一般的に春と秋はお家の外壁塗装に向いている季節と言われています。
当店でも、ご相談が増えてきましたよ。

 

塗装の気象条件とは?

塗料の大手メーカー日本ペイントによると、
塗装の気象条件というのは、

気温5℃以上、湿度85%未満なのだそう。

逆にこの条件を満たしていれば、どの季節に塗装しても大丈夫ということです。

冬場の朝方は気温が5度以上になっても被塗装面が冷え切っているため、
早朝は塗装に適しません。
また夕方は結露が生じやすいため早めに塗装を終了させます。

夏場の屋根塗装は、素地の温度が高いと塗料が速く乾燥して
作業性や仕上りに影響するため塗装を避けるか、
やむを得ない場合には希釈率を調整しながら行う必要があります。

冬場、夏場は、塗装が不可能というわけではなく
制約が多いため時間がかかってしまうという事ですね。

気象条件はお住まいの地域によっても差があることでしょう。
冬に積雪が少ない地域なら、早朝夕方を除けば塗装可能ですし、
夏の暑さがしのぎやすい地域なら夏でも塗装可能でしょう。

塗装に向いている春秋でも、春雨前線や秋雨前線の長雨や、
季節外れの台風の影響もありますし、100%大丈夫な季節はなかなかありません。

まずは、ご相談ください。

外壁塗装を検討するタイミングは?

光沢がなくなり、汚れや変色・退色が目立ち、外壁や屋根の美観が気になったときが、
外壁塗装を検討するタイミングと言えます。
塗装面に手のひらを当てると、塗膜の劣化で
生じた白っぽい粉がべったりと付着します(白亜化・チョーキングといいます)。

この状態を放置するといつの間にか劣化が進んで
割れ・クラック、剥がれ、膨れ等の塗膜の欠陥が起こり、
さらに進行すると建物自体に影響がでます。
ここまでくると結果的に建物維持のコストはかなり増えてしまいますので、
致命的な欠陥になる前に定期的な塗り替えをおすすめしています。

—————————–Refine Information———————————-

***お問い合わせ***

リファイン守山守山市守山3丁目2-33
TEL:0120-077-528

リファイン草津草津市野村2丁目10-26
ホワイトビル1階A
TEL:0120-115-932