こんにちは。リファイン草津sky☆です。

みなさんは、お部屋の換気、日常生活に上手に取り入れられるようになりましたか?
寒い時期のお部屋の換気は、とってもつらいものでしたが、ここ何日か、『窓を開けたいな♪』って思う気候になってきました。
花粉症の人には、嫌がられますが、窓を全開にして、おひさまと暖かい空気を思いっきり入れたいです。

どうして換気が必要なのか

無色透明でキレイに見える空気でも、実は、さまざまな汚染物質を含んでいます。室内の汚染物質には、二酸化炭素、一酸化炭素、揮発性有機化合物、ホルムアルデヒド、アレルゲン(ダニ、カビ、花粉等)に加え、細菌やウイルスも含まれます。換気によって室内の空気と外の空気を入れ替えることで、これらの汚染物質を外に排出したり、薄めることが期待できます。

住まいにおける換気のポイント

換気の方式には、ファン(送風機)などを利用した「機械換気」と、窓などの開口部から外気を採り入れる「自然換気」があります。2003年7月以降に建てられた戸建住宅やマンションの場合、機械換気設備(24時間換気設備)の設置が義務づけられています。一定の換気性能は確保されていますので、まずは機械換気設備がきちんと機能しているかを確認してください。それでも不安な方や2003年6月以前の建物にお住まいの方は、窓開けによる自然換気が有効です。一般的に自然換気は機械換気よりも大きな換気量が期待できます。

 

自然換気

風の「入口」と「出口」をつくる

窓を開けて換気する際は、1カ所だけではなく、2カ所の窓を開けることが大切です。風の入口と出口を設けることで空気の通り道が生まれ、より効率的に換気できます。

窓が1つしかない場合は扉を開ける

部屋に窓が1つしかない場合でも、部屋の扉を開けることで、窓とドアの間に空気が流れます。また、扇風機を窓の外に向けて使用することで、室内の汚れた空気が外に排出されやすくなります。

家全体を1つの大きな部屋と考える

たとえば、マンションなどで窓が一方向にしかない場合、バリコニー側の窓を開き、室内や廊下の扉をすべて開けて、防犯に配慮しながら玄関の扉を開ければ、各部屋に新鮮な空気を行き渡らせることができます。

窓の高低差で風の流れをつくる

暖かい空気は上に行くという特性を利用することで、無風状態でも空気の流れをつくることが可能です。家の中に低い位置と高い位置(1階と2階など)に窓がある場合は、同時に開けるようにしましょう。

もう少し、Stayhomeが続きそうですが、季節、気候によって、おうち時間を快適に過ごす工夫を楽しみたいですね。

—————————–Refine Information———————————-

***お問い合わせ***

リファイン守山守山市守山3丁目2-33
TEL:0120-077-528

リファイン草津草津市野村2丁目10-26
ホワイトビル1階A
TEL:0120-115-932