こんにちは☆
リファイン草津のゆりんこです。

今日から11月に突入しましたね。あ~年末が少しずつ近づいてきましたね。
そして、寒くなってくると風邪も流行ってくるのでそろそろ予防注射も・・・。

さて本日は、キッチンシンクの種類と特徴・選び方のポイントをご紹介していきます。
キッチンの入替えを考える際には、対面式やアイランドなどレイアウトはもちろん
最近の傾向として、ダイニングやリビングとオープンにつながるプランも多く、
カウンターやシンク選びは、LDKの空間のイメージを変える大きなポイントにもなります。

キッチンのシンクには、いくつかの素材や様々な形状やデザインがあります。
最近では、デザインや使い勝手はもとより、お手入れのし易さでキッチンを選ぶ方が増えているようです。

関連画像

 

シンクは、重要なアイテムのひとつ!

シンク素材には、いくつかの種類があります。一般的なシステムキッチンで多く設定されているのは、ステンレスや人工大理石。最近では、メーカーごとに独自の素材を提案しています。

ステンレス

耐久性や耐熱性があり、サビにくくお手入れも楽な素材です。汚れがしみ込みにくい素材でもあり汚れたときは、表面を中性洗剤で軽く拭き取ると汚れが簡単に落ちますのでお掃除が楽チンです。メリットもあればデメリットもあります。ステンレス自体は錆びにくい素材なのですが、鉄製の鍋などをシンクに長時間置きっぱなしにすると、鍋の錆などが付着して『もらい錆』といって錆が発生してしまうことがあります。

人工大理石


人工大理石は、天然大理石のように柔らかく温かみがあり、カラーバリエーションも豊富な樹脂素材。メーカーや商品によって素材感や色合い、お手入れのしやすさなど異なりますが、大きくアクリル系とポリエステル系に分けることができます。商品によって、油や水をはじくコーティングが施されたタイプもありシステムキッチン商品ではカウンタートップと継ぎ目をなくしたタイプもあります。

少し茶渋などの汚れが気になってきたら、メラミンスポンジでこするか、ハイター等の漂白剤で漂白すればきれいな白い状態に戻ります。

ホーロー

ほうろうには、鋼板ほうろうと鋳物ほうろうのふたつがあります。いずれも、ガラス質の釉薬を金属の表面に焼き付けたもの。ほうろう層の仕上げは、独特の滑らかな肌ざわり、美しい色合いを持ち、根強い人気があり、輸入品などにも多くみられるものです。

耐熱性や耐久性もあり、重厚な雰囲気を持つ素材ですが、グラスや皿などを落とすと破損しやすいこと、ほうろうが欠けた場合、そこからサビが生じてしまうケースもみられます。

最近、多くみられるのが、排水口の形状や設置位置などの工夫されているシンク。
シンクと排水口部分を一体構造とすることで、継ぎ目をなく掃除がしやすいタイプ。
また、水栓からの水流によって、排水口にゴミがまとまるように、シンク底の形状や

角度などに工夫を施したタイプも増えてきています。

シンクを選ぶ前に、キッチンダイニングはどんなレイアウトにするか悩まれると思います。
こちらの記事を参考にしてみてください。
↓    ↓    ↓
一緒に想像しませんか?理想のリフォーム♦
キッチン&ダイニングレイアウト

いかがでしたか。シンクを検討するには、普段の調理や片付けなどの動きをイメージしながら、
適する形状や素材を選びましょう!
ご相談は是非当店まで♪お気軽にお越しください。

—————————Refine Information———————————-

***お問い合わせ***

リファイン守山守山市守山3丁目2-33
TEL:0120-077-528

リファイン栗東栗東市北中小路422-10
TEL:0120-246-211

リファイン草津草津市野村2丁目10-26
ホワイトビル1階A
TEL:0120-115-932

◎リファイン守山公式LINE

友だち追加お願いします♪
お得情報や友だち限定クーポン等配信中!
友だち追加友だち追加