戸建 施工ギャラリー

Case77 ひな壇の裏庭をすっきりデザイン~エクステリア工事~

2019/10/25

 

草津市T様邸 エクステリア工事

ひな壇になっている裏庭の有効活用ですっきりデザインに。
全体の雰囲気を野原のようなゆったり過ごせる芝生に。

立水栓に向かう塗装材はタイルではなく
天然石の洗い出し塗装材。
アスファルトのように熱くならない優れもので
透水性もあり水たまりにもなりにくく、滑りにくい!

上庭と下庭の境は安全性確保のため手すりを設置。

 

Before

塀はすべてシンプルなメッシュフェンスにし、
光と風が吹き抜けるように。

 

Before↓

去年の大型台風で危険を感じた小屋や
高く詰まれた塀を解体し、すっきりデザインに。

 

Before

ひな壇のため隣家の影が気にならなく、
南向きで日当たりが良い特性を活かして
サンルームから視界が広がり、空が広く感じるプラン

 

下庭には階段延長型の腰掛があり、空をぼんやり眺められるように。
芝生の一部は家庭菜園用に真砂土に。

 

メインの立水栓は庭全体のワンポイント。

サブの立水栓は井戸水用。

 

リファイン草津:担当プランナーより一言

普段のエクステリア工事とは違い、
「ひな壇になっている裏庭の有効活用としてすっきり使いやすくしたい」というご希望から
お話が始まりました。何十年も使われた裏庭のイメージを一掃し、これからの生活を
イメージしてプランいたしました。
外構リフォームはお家と同じで解体してみないと分からない点や、土を掘ってみないと分か
らないこともあり、日々、確認と納まりのご相談をしながら工事が進んでいきます。
解体前の状態から解体後のイメージを施主様と共有するために3Dパースをご提示して
打合せを行いました。

犬を飼われているので、全体の雰囲気を野原のようなゆったり過ごせる芝生をご提案。
愛犬と過ごす空間としても肉球が熱くならないように気を付けました。
その土地その土地の特性を活かし、安全でご家族に合った温かいお庭が完成しました。

 

-戸建, 施工ギャラリー