「外壁・屋根」 一覧

Case 33 歴史あるわが家を快適なセカンドステージに 

  □ 築約75年の古民家を現代風の住まいに 敷地内の離れに住んでいたTさん夫妻。 亡き両親が建てた母屋は、その時々の暮らしに合わせて何度か改修をしてきましたが、玄関から奥へと続く長い土間や段差など、子世帯が独立して、夫婦ふたりが老後を過ご ...

Case30 ペットと共に暮らす家

家族が集うリビングを充実 築20年。カップボードの壁で孤立していたキッチンを対面キッチンに替え、吊り戸棚を設けず、収納力のある圧迫感のないLDKに。リビングの南側にあった土間スペースは、床を張ってリビングを延長し、ご希望の、 2匹の猫のためのキャット ...

Case27 耐震性を高めたこれからの住まい

古民家を暮らしやすい間取りに変更 築40年、和室が田の字に並ぶ田舎建ての住まい。古い家だけに耐震性に不安があり、また、家族4人が、快適に暮らすために、広々としたLDKの確保と、トイレ、洗面、浴室など水まわりの機器の入れ替えなど、全面改装を希望。 梁を ...

Case24 仲間と集う光あふれる住まい

友だちや親戚などが集える広いリビングが欲しい 交友関係の広いN様。隣接した古家付きの土地を購入する事となったN様。現在の住まいは、来客時にくつろいで頂く場所がなく、ご近所の方が多人数で訪問された時に長時間共にくつろげる空間が欲しくて、古家をサロンのよ ...

Case18 ナチュラルテイストのやさしいリビング

イベントで出会いました 築22年木質系プレハブ住宅。住まいの経年劣化と、外壁、屋根が色あせてきたので、当店のイベントに来られました。リビングの収納を増やしたい。大きなLDを間仕切りたい。外壁は一度塗装してありましたが、傷みがあり、しっかりとした外壁に ...

Case11 夫婦で懐かしい実家に暮らす家

思い出の詰まった実家に、夫婦で暮らす かつて大家族で暮らしていたK様のご実家は、築45年の木造住宅。それぞれが巣立った住まいに、長男ご夫婦が定年退職を機に暮らすことになりました。かつての思い出を残しながら、快適に暮らせるようにリフォームしたいと来店さ ...

Case6 地震でも安心な家

人生のセカンドステージを安心して過ごせる家に 築37年のH様邸。子どもたちも巣立ち、ご夫婦お二人で住まわれています。かつて増築工事をされている建物ですが、以前、守山市の「無料耐震診断事業」(昭和56年以前に着工、二階以下延べ面積300㎡以下の木造軸組 ...

Case4 ひだまりの家

新しい家でパートナーを迎えたい 結婚を機に、築34年になるご主人のご実家を全面リフォームされることを決意されたTさん。ハウスメーカーの住まいは、外壁も色あせし、全体的に経年劣化していました。新婚のお二人の思いが反映した家に変えていきたいということと、 ...

Case3 想い出と親しむ家

生まれ育った町で老後を過ごしたい IG様は、長年、誰も住まないままになっている実家の古い家がずっと気がかりでした。古刹が近くにあるという住まいは、瓦葺で漆喰壁の立派な建物ながら、木々が生い茂り、瓦のところどころコケも生え、かなり傷みがあるようでした。 ...

Case2 都会派ヴィンテージ

移転に伴い、美容室の改装を再び担当しました テナントビルの2階で盛業中だった美容室。近くに立地条件の良い物件があったことから移転することになりました。以前コンビニエンスストアだったという軽量鉄骨造の建物を、スタイリッシュでおしゃれな美容室に改装。前回 ...