デスクのそばに加湿器を置いて貰えてニヤリ顔のコーディネーター柏木です^^

 

2018年3月中旬に見学会開催が決定しています平屋建ての

こだわりポイントを紹介をさせて頂きます。

今回は外観編~ おうちの顔ですね(゜∇゜)!

 

設計段階の模型

 

ご家族4人が暮らすお住まいは

東西にある下屋部分に それぞれの個室 と 水まわり

母屋にはLDKを配置。まさに家の中心に、家族が集まれる間取りになっています。

 

●外壁は塗り壁のジョリパットを採用●

ジョリパット…15〜20年ほど経過しても、耐久性としては品質を保てるメリットがあります。

(通常の外壁材は10~15年での塗装が推奨されます)

ただ、美観としての「色あせ」は避けられないため、15〜20年で塗り替えをされる場合もあります。

 

ジョリパットだけでも[色]×[塗りのパターン]の組み合わせは

たっっっくさんありまして(数百種類以上)

迷いに迷いながらサンプルを取り・・・

↓お施主様と検討に検討を重ね・・・決定しました!

ジョリパット「ミーティア  T1030」と「校倉M  T4017」  右下は玄関周りに貼る羽目板

 

和の趣きとナチュラルさが合わさった仕上がりになりそうな素敵な組み合わせです♪

もうすぐ施工日なので、私も楽しみです♪

 

現状は塗り壁の下地材が貼られた状態↓

↓その内側には透湿防水シートが貼られてまして

↓その内側には

●耐震パネルを貼っています●

外側

内側

耐震性・透湿性・防耐火性能の高いエコな材料を採用しています。

 

 

●勾配のゆるい屋根はガルバニウム鋼板を採用●

屋根は母屋と下屋で勾配を変えて、軒は長めに出して平屋のドッシリ感を出しています。

この写真は垂木という屋根の下地材が綺麗に並んでいる状態で、最終的には隠れる部分ですが、綺麗で個人的に好きです^^

ケイカル板を貼る前の軒天

 

 

 

 

今回はこの辺で!

ご興味ある方は、お問い合わせ下さい→リファイン守山