新シリーズ 男の隠れ家

其の八 男のマンションリノベーション-工業系で不良っぽく、そして子供っぽい私の隠れ家 -

2018/04/05

住まいのリフォームを手がける「リファイン守山」「リファイン栗東」。
生活のため、家族のために頑張ってきたお父さんの趣味やこだわり、
少年の心を思い出すような『男の隠れ家』をテーマに、
『団塊世代のセカンドステージ』となるような、
リフォーム事例をご紹介。今回は、「男のマンションリノベーション」です。

今回のご要望は・・・

賃貸暮らしをされていた50歳。
将来自分の資産にならないこともあり、マンションの購入を考えていました。
立地条件や内装のこだわりが強かったのですが、新築マンションを購入しようとすると、中古マンションの3~5倍の価格相場。
そこで、価格を抑えるため中古マンションを購入し、自分の暮らしに合った間取りを一から作りたいと考えました。(守山市 Mさん)

従来は和室二部屋と洋室、LDKのお住まい。
壁をすべて取り払いスケルトン※にして、一からプランニングです。
※スケルトン・・造作等すべて取り除き、建物の躯体部分のみの状態

完成予想パース図①

完成予想パース図②

【施工後図面】

 

カフェやBARのような雰囲気を取り入れたいというご希望でしたので、カウンター壁はモルタル塗装にこだわりました。
好きなお酒を、ご友人達と囲みながら集える空間に。
LDKのフローリングは乱張りにせず、一枚板で継ぎ目なくすっきりした印象にしました。
キッチン・リビングの造作棚は、それぞれの棚板のサイズを用途に合うように、Mさんと共に作り上げました。

玄関には、Mさんお気に入りのBARの入口のような空間。
路地裏の街灯のようなあかりをつけたいと、自ら見つけてこられたのが、この「マリンランプ(船舶ランプ)」。
殺風景な白壁に映された影が、レトロな雰囲気を醸し出しています。

また、今回のMさんのこだわり「工業系、不良っぽさ・子どもっぽさ」を表現するため、
玄関を入ってすぐの場所にアイアンを使ったウォークインクローゼットを設置。
土間仕上げなので、玄関からウォークインクローゼットを通って履物を脱ぎ、廊下へとスムーズな動線に。

廊下の途中には、趣味のギターを気兼ねなく弾くための防音室を設置。
少し小さめですが、ゆっくりギターを奏でるにはちょうどいい場所とのこと。

洗面室はホテルのようなスタイリッシュな空間に。トイレとの壁をなくして狭さをカバー。
浴室の壁はガラス張りにして開放感たっぷり。壁に囲まれた圧迫感が苦手というMさんにピッタリの空間に。

自分好みの空間で、友人と楽しくお酒を酌み交わす時間と、一人でじっくりとギターの音色に包まれる時間を過ごせる場所。
Mさんにとって、一番好きな場所は「家」になりました。

 

 

-新シリーズ, 男の隠れ家