戸建 施工ギャラリー

Case 51 離れを夫婦の快適な住まいにリフォーム

以前に、母屋の建替えをさせていただいたY様。
今回は、息子さん世帯に母屋を譲り、築50年の離れを改装して、
ご夫婦の住まいにしたいと相談に来られました。

敷地内にある離れは、土壁にベンガラの外観。
欄間のある二間続きの和室や土間と趣ある建物。

50年間の温もりと思い出を残しながら、夫婦お2人のライフスタイルに合う
コンパクトな暮らしを断熱性能や使い勝手の良さを考え、リフォームしました。

玄関

傷みや汚れのあったしっくい壁は新たに塗りなおし、下部にタイルを貼ることで
落ち着きある玄関ドアの重厚感とマッチし、新しさと古き良き雰囲気がここちよく
絡み合う印象へ。

玄関ホール

 

廊下の突き当たりにトイレ。

以前は二間の続き間を囲うように長くスペースを取っていた縁側をコンパクトにし
スムーズ動線へなるように間取り変更しました。
玄関も場所移動し、70代のご夫婦が出入りの際、転倒などのないように手すりを設置。
またお2人分に合ったサイズのシューズボックスを壁に埋め込み、玄関がスッキリ。
ボックス上には写真を飾ったり、鍵を置いたりできるような棚となるように
壁を少しくぼませ、日々の生活が使い勝手の良いものになる工夫を。

トイレは使い慣れた従来の位置から替えず、機器と、床・壁・天井の内装を一新しました。
位置をそのままにすると、使える既存配管など見えない部分を再利用できるのでコストの節約にもなりました。

廊下から引き戸を開けると
二間あった和室を一間にリニューアル。
和室が暗くならないように引き戸は、すりガラスにして明るさを確保。

新設した腰窓+すりガラス引き戸で光の通り道に行き止まりがなく、明るい空間に。

クローゼットもたっぷり収納タイプで整理しやすく使い勝手の良いものになりました。

壁付けのⅠ型キッチン

二間続きの残りの一間は、ダイニングキッチンに。
キッチン横に勝手口を設けることによって
外用のゴミ箱などが近くに置けるので便利です。
またキッチンの背面に、洗面&脱衣室、浴室と続いているので
スムーズな家事動線で家事効率アップ。

脱衣&洗濯室。

浴室

そしてダイニングキッチンの引き戸を開けるとおふたりの寝室へ。

ダイニングキッチンを中心にお風呂に行くのも寝室に行くのも
コンパクトな動線でスムーズに生活ができるように設計。
また多く利用されるリビングダイニングの両サイドに部屋があることで
少しでも温かくお過ごしいただけるような間取り設計に。

 

 

施主様より
息子家族に母屋を譲り、離れを改修して夫婦で暮らすことにしました。
築約50年の離れが見違えるようにきれいになり、
夫婦で住めるようになって、喜んでいます。

担当:営業スタッフより
古い建物なので土台からやり直し、床を低くしてバリアフリーに。
断熱材も入れてしっかりとした住まいにしました。
南向きの和室は、廊下越しに光が入るようにガラス入りの建具にして、明るさを確保。
廊下の掃出し窓はペアガラスにして断熱効果をアップしました。
外観も、しっくいを塗り直し、玄関ドアを新調して、
コンパクトながらも、70代のご夫婦に合わせた、
重厚な住まいになりました。

-戸建, 施工ギャラリー