戸建 施工ギャラリー

Case 50 家族を見守るLDK

築30年以上というN様邸。
周辺は、川があり田んぼが広がる田園地帯。
地盤が弱かったようで、家が傾き、窓や建具が、
閉まりにくい状況になっていました。
地元業者に見積してもらったものの、不安があったようで、
お得意様のご紹介で当店に相談に来られました。

リフォームのきっかけは、娘さんの里帰り出産。
キッチンも古くなってきていたので、対面式キッチンに入れ替え、
居間として使っていた和室をリビングへ。
家の傾きを修正して、安心安全なLDKを希望されました。

対面式キッチンで開放的なダイニングキッチンに。

 

家の傾きを修整するために天井組を工夫。
天井の凹凸は、梁を避けながら天井高を確保した工夫のあとです。

対面型のシステムキッチン。

 

キッチンと同じ色のカップボードを窓側に取り付けて、収納力をアップ。
天井高がないので、有効スペースを確保して窓を設置。
断熱性、気密性もアップしました。

構造上抜けない柱は残し、木目調のクロスを貼って、
LDKのアクセントにしました。

 

キッチンから見た、ダイニングとリビング

 

廊下とつながるLDKの扉は、
傾斜のために閉まりにくかったところ。
傾きを修整して、Y戸車レールを設置。Panasonicベリテスプラスの片引き戸に替えて、
開閉がスムーズになりました。

 

 

施主様より
床が傾いていたので不安でしたが、
窓がきちんと閉められるようになって安心しました。
娘の里帰り出産にも間に合いました。
対面式キッチンに立って、孫を眺めながらお料理を作れることや、
部屋の断熱効果も高くなって、快適な住まいになり喜んでいます。
これから孫が遊びに来ても安心ですね。

担当:営業スタッフより
傾きを調整しながら、随所で工夫しています。
キッチンの天井は梁があるので、天井組を工夫して高さを確保。
その天井高に合わせて、キッチン、カップボードを設置し、
窓の位置も工夫しました。
キッチンに、今までなかった勝手口を新設。
外のサービスヤードに水栓を設けたので、家庭菜園で収穫した野菜を、
外で洗って、勝手口からキッチンに持って入れるようになり、
とても喜んでいただいています。

-戸建, 施工ギャラリー