キッチン・リビング 戸建 施工ギャラリー

Case 41 家族の動線を考えた使いやすいキッチン

2018/01/27

築24年のK様邸。
以前よりキッチンのリフォームをお考えでした。
L字型の大きなキッチンをお使いでしたが、作業スペースは広いものの、
動線に不便を感じていたのだとか。

ぐるりとキッチンを通り抜けられるような、アイランド型で
シンクが大きくお手入れしやすいキッチンを希望されていました。

L型からアイランド型へリフォームすることで、作業スペースが減るため、

① 作業スペースが補えること
② シンクが大きくお手入れし易いこと

という条件に合うアイランド型の、パナソニックのリフォムスキッチンを選ばれました。

大きな鍋も洗いやすい広いシンクと、
継ぎ目や隙間がなくお掃除しやすい形状を兼ね備えたキッチンです。

パナソニックリフォムスキッチンは、
調理や片付けにとことんこだわった「ワークトップ」が特徴。
業界初のシンクといわれる一体成型カウンターを採用しています。

大物を洗うことができる奥行き550mmあるシンク、
シンクの一部を調理スペースとして使えるサイドデッキ、
またぬれたものを仮置きできる水栓デッキなど、
より作業がしやすくなっています。

キッチンの位置は、家族が通り抜けやすいだけではなく、
食洗機から食器棚へ食器を片づけやすく、
冷蔵庫から食材を取り出しやすい位置になるよう
動線を考えて設置しました。

壁側の通路脇に、必要なときだけ使えるように、
折りたたみ式の作業台を造り付けました。


たたんだ状態


使用時


〈施主様より〉

キッチンのシンクと食器棚の距離に関しては、
コーディネーターの香山さんと、納得のいくまで
何度も話し合いを重ねて決めました。
娘と一緒にキッチンに立つことを考え、
一年近く各メーカーのSRを見てまわり、
一番使いやすいパナソニックのキッチンに決めました。
こだわってできたキッチンは使い勝手もよく大変満足しています。
こちらの希望通り仕上げていただき、とても感謝しております。

〈担当スタッフより〉
L型キッチンからアイランド型へのリフォーム。お客様が、
いろいろなメーカーのキッチンをご自分で調べておられたことや、
どんなふうに使いたいか、どういう使い方をしたいか、
希望を明確にお持ちだったので、
それに伴走する形でアドバイスさせていただきました。
たかがキッチンでも、されどキッチン。
生活スタイルをしっかりお持ちだったことで、
私たちも学ばせていただきました。
納得のリフォームで、気に入っていただけたことがうれしいです。

-キッチン・リビング, 戸建, 施工ギャラリー