プランニングヒント 教えて!うえさん

教えてうえさん プランニングヒント VOL.9 中古マンションのリノベーション術

自分らしい暮らし方を実現した住まい

最近、リノベーションという言葉をよく耳にしますね。
リフォームは老朽化した建物の修復の意味合いが強いのですが、
リノベーションは中古住宅を大きく改修して
現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせることを意味するようです。

今回は、中古マンションのリノベーション事例を紹介します。

マンションは意外にも、間仕切りの壁を取り払うことで
自由な間取りをつくることができ、リノベーション費用をかけても
新築に比べるとリーズナブルに住まいを取得できます。

今回紹介するM様邸は、「自分の好きな空間」となる、
個性的で自由な住まいを実現させました。

M様邸マンション 施工前
築35年、和室の続き間、中央にLDKという間取りのマンションです。

M様邸マンション、施工後
水まわりの位置は変えずに、部屋の壁をすべて取り払い、
スケルトン状態にして、一からプランニング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

M様のこだわりは・・・
カフェ・バーのような雰囲気を取り入れたDK、
玄関から土間続きのまま入れるクローゼット、
趣味の音楽を楽しむ防音室、
LDKは壁もなくフリーにして ベッドコーナーまでワンフロアに

M様のこだわりはほかにもあって・・・
モルタルやアイアン(鉄)など工業系の素材を使うこと。
キッチンカウンターはモルタル仕上げの仕切りを造作、
カウンターの足や収納棚、間仕切りなど随所にアイアンを採用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルのようなスケルトンのバスルームがある洗面室、
洗面室とトイレの仕切り壁をオープンに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家具やカーテン、置物など、インテリアのすべてを、
M様のお好みに合わせてトータルコーディネート。

家は、そこに暮らす人の思いが反映されてこそ心地よい住まいになります。
マンションの既製の間取りに自分の生活を合わせるのではなく、
自分の生活に合わせた間取りにリノベーションしましょう。

マンションは水まわりの配管や窓など、
規制される部分もありますが、間取りの変更は可能です。

既成観念にとらわれずに、間仕切り壁を全部取りはらって、
「自分の好きな家」を実現させましょう。

-プランニングヒント, 教えて!うえさん