プランニングヒント 教えて!うえさん

教えてうえさん プランニングヒントVOL.8 家族それぞれの思いや夢をカタチに その2

収納力のあるⅡ型キッチンで希望を実現

「子どもが大きくなり、手狭になった家を増築して広く暮らしたい」と
リフォームを検討していたKさん一家は、夫婦と小学生の男の子、父親の4人家族。
夫婦でキッチンに立つことも多いというKさんは、
アイランド型キッチンを希望されていました。

アイランド型というのは、壁面から離して配置したキッチンで、
島のようにみえることからアイランドと呼ばれています。
キッチンの周りをまわることができるので、多人数での調理やホームパーティーにも最適。おしゃれで存在感のあるキッチンですが、そのために広いスペースが必要になります。

Kさんの場合は、収納スペースの広さも求めていたこともあり、
壁から離してシンク側を対面に設置し、コンロは後ろに配置するⅡ型キッチンを提案。
調理スペースが広く取れて、シンク → コンロ → 家電類の動線が
できるだけ短くなるような配置です。


施工後のキッチンコンロ側  
家電類を置いた収納庫の並びに調理台・コンロを配置


施工後のキッチンシンク側 
夫婦ふたりとも背が高いので、調理台の高さは90㎝を選択。
壁から離して設置してアイランドふうに、
カウンターを付けることで手元が隠せるようにしました。

キッチンに立つご夫婦から見えるところで、
小学生のお子さんに宿題をさせたい。
そういう親の思いをこめて、キッチンの近くにスタディコーナーを設置。


スタディーコーナー。
左に見えているのは、廊下の向こう、階段下のパントリー

キッチンは収納力のあるⅡ型をチョイス。
さらに、家電類の収納庫、階段下のパントリーなど、
家族の希望するキッチンをつくりました。

K様邸は、ほかにも工夫しています。
続きは次回に。

建売住宅やモデルルームなどでよく見る間取りは、
一般的な家族の暮らしを想定した設計になっていますが、
各家庭によって暮らし方は様々です。

既成の間取りに合わせて暮らすのではなく、
リフォームの場合はもっと自由に、
それぞれの暮らし方に合ったプランを考えてみましょう。

-プランニングヒント, 教えて!うえさん